« Ivoryを使ってリアルなピアノを再現 | トップページ | 消え行く霧笛・・・ »

2007年5月17日 (木)

キッズgooの問題点

久しぶりにブログを書いてみることにします。

今回取り上げるのはサーチエンジンの問題点。 ご存知だろうと思いますが、子供に悪影響のあるページをフィルタリングして提供するサービスの中に、キッズgooというものがあって、私のサイトにもここからかなりのアクセスがあります。 ところが最近当サイトのトップページが表示されなくなりました。 キッズgooからアクセスすると・・・ 「ごめんね。ページがひょうじできませんでした。」 と出てしまいます。 ご存知のように、私のサイトはアダルトコンテンツなどが入っているわけでも、有害な情報を流しているわけでもなく、この扱われ方は非常に心外です。 なので、どこが悪いのかいくつか調べてみました。

わかったことは、ページやメタ情報の中に、たった一言でもフィルターに触れる言葉があれば、そのページは確実に表示されなくなるということです。 私のページの場合、素材ページでは、利用規定に次の言葉が入っているのが問題だったようです。 その言葉とは・・・「アダルト・出会い系のページでの利用はお断り」 つまり、「アダルト」「出会い」という単語が引っかかっていたようです。 アダルトサイトお断りが、まるでこちらがアダルトサイトであるという意味に取られてしまっています。 これらの言葉をはずしてからページが表示できるようになりました。 また、次のよな言葉が入ってもだめなようです。 「金髪」「愛撫」など・・・ フォスター作曲のものの中に「金髪のジェニー」という、子供にも愛される曲がありますが、この日本語の題名がアウトです。 確かに昔々には、この「金髪」 色心を誘う言葉の一つだったかもしれませんが、今はほとんど死語でしょう。 もっともこの言葉自体に差別的な雰囲気も感じられるので、これはこれで仕方がないのかとも思いますが、「何をいまさら」と感じるのも事実で、このように曲名に「金髪」や「出会い」といった言葉が入ってはだめとなっては困ってしまうことも多いことと思います。

どうやらこのフィルターは単純に単語を「言葉狩り」しているだけのようで、前後の脈絡から判断できるような進化はしていないようです。 ちなみに多くのMIDIなどの素材を提供しているページも同様な「被害」にあっているようで、表示できないページをかなり見つけられました。 このことは私たちのようにページを公開している側からすると大問題で、実際には優良なページを運営していても、あたかも有害なページの運営者であるかのような誤解を与えかねません。 また、これを利用する子供たちからすれば、これだけ多くの表示できないページを見れば、「大人はみんな犯罪者のようなもの」という誤解も受けかねないと感じます。

今回の問題、誤解を恐れずにいえば、「できの悪い情報統制は、できの悪い情報提供者以上に犯罪的である」という意見です。 一刻も早く、プログラムを進化させ、こうした誤解を与えかねない問題を解消していただきたいと切に願っています。

追加事項・・・

NGワードですが、出会いはOKで、秘密、パンツ(自転車には必須)、妖艶、裸、露出(写真には必須の言葉) カップリング(レコードに良く使う言葉) ゲイ(セルゲイ プロコフィエフは名前が使えない) などがNGでした。 これだと多くの写真系ページもアウトと思われます。 以上

ついでに・・・ 子供向けということで・・・ 昔からある童謡などのMIDI化で問題になっていること・・・ 歌の中にある「差別表現」 これを次回取り上げてみたいと思います。

|

« Ivoryを使ってリアルなピアノを再現 | トップページ | 消え行く霧笛・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203873/15103278

この記事へのトラックバック一覧です: キッズgooの問題点:

« Ivoryを使ってリアルなピアノを再現 | トップページ | 消え行く霧笛・・・ »